任意整理の費用相場.com

任意整理の費用相場.com

近頃では、住宅ローンが払えずに、家を手放す人が増えています。
しかし、住宅ローンが払えなくても、きちんと借金の整理をすれば、家を手放さずに済む方法もあります。
そのうちの一つが、債務整理です。
債務整理とは、よくテレビでもコマーシャルが流れていますので、気になっている人も多いのではないでしょうか。
債務整理にはいろんな種類があり、任意整理、個人再生、自己破産などがあります。
まず、任意整理ですが、これは今まで払った利息を返してもらい、将来的に払う利息を免除してもらい、借金を減額するものです。
任意整理は、債務整理の中でも一番軽いものであり、費用の相場も4万ほどですし、これからも借金を返すという気持ちがある場合には、この任意整理を選んでいる人もいるようです。
また、個人再生とは、民事再生の別名であり、借金の80%を減額してもらうことで、負担を少なくする方法です。
個人再生の大きな特徴としては、マイホームがある場合には、その家を手放す必要が無いと言うことです。
しかし、住宅ローンは引き続きはらわないといけませんので、注意が必要です。
費用の相場としては、大体で30万ぐらいのようですし、家庭がある人がよく選んでいる整理方法です。
最後に自己破産ですが、これは一切の資産を手放して、借金を帳消しにするというものです。
借金が大きな負担となり、精神的にも辛い場合などに選択され、新たな人生を歩きたいと希望する人が自己破産をしているようです。
費用の相場は20から30万ぐらいですが、ブラックリストにも掲載され、職業も制限されますので、出来ればコツコツと、毎月の借金を返したほうが良いかも知れません。

 

任意整理は債務整理の中でも比較的手軽に行える方法の一つとして知られており、債務が比較的少額の場合などにはよく利用される物となっています。
また任意整理の場合には事前に債務整理を適用させる債権者を選ぶこともできるため、対象にしなかったのであれば自動車ローン、住宅ローンなどに手をつけないまま債務整理を完了させることもできます。
しかし実際に任意整理をしようとすると、どうしても弁護士などのプロに依頼をする必要がでてくるものです。
それでは、任意整理手続きを依頼した場合の費用の相場はどれくらいなのでしょうか。
まずこの手続きにかかる費用としては大きく分けて、依頼をした段階で支払う「着手金」と、交渉を成功させた際に支払う「報酬金」、そして過払い金が戻ってきた場合の「過払金返還報酬」の三つがあります。
間違いなくかかってくる費用となる着手金の相場については、債権者が1~2社の場合には1社あたり5万円程度、3社以上になる場合には1社当たり2万円前後になることが一般的です。
次いで報酬金の相場ですが、これは債権者ごとに2万円前後が請求されることが最も一般的です。
そして最後に過払い金返還報酬の相場ですが、これは実際に変換された金額の21%以内となることが一般的でしょう。
つまり、2社に対して任意整理を行った場合には着手金として5万円×2社=10万円、そして成功時には2万円×2社=4万円、総計14万円がかかってくることとなるのです。