任意整理の費用相場.com

任意整理後にクレジットカードを使うには?

任意整理は、デメリットが少ないです。
しかし任意整理には、信用情報機関に登録されるデメリットがあります。
信用情報機関に登録されるデメリットは、借金が減ることに比べれば小さいものです。
ですが、信用情報機関に登録されると、不便に感じることは多くあります。
例えば、お買い物をするときによく使うクレジットカードです。
任意整理をすると、クレジットカードを作ることができません。
ポイントが豊富に貯まるクレジットカードを作りたくても、信用情報機関に登録されていると審査で落とされます。
新たに作ることは基本的に不可能なので、新規に申し込みをするのは諦めましょう。
すでにクレジットカードを持っている人は、この任意整理のデメリットは関係ないと思うかもしれません。
しかし、すでにクレジットカードを持っている人も、任意整理をして信用情報機関に登録されるデメリットは受けます。
任意整理をすると、クレジットカードは新しく作ることだけではなく、お買い物などで使うことすらできません。
お買い物をしてレジでカードを見せても、決済をすることができないのです。
これまでのように使うことはできないので、カードを持っていなかった人よりも、デメリットと感じることは多くなるでしょう。
信用情報機関に登録されるデメリットは、クレジットカードだけではありません。
銀行の住宅ローンや自動車ローンも、審査で落とされるようになります。
任意整理のデメリットは、意外と大きいのです。